top of page

すごい人がやってきた!


外国のクライエントさんとは、結構縁がある私です。


クリニックで勤務中も、外国人の方のカウンセリングをしていました。


東京にはカウンセラーで英語を話す人もいるのでしょうが、埼玉県はまだ少ないようです。


私は、若い頃から、国際交流に興味を持っていました。


家にさまざまな国の方を招いて、文化交流したり、沖縄では、基地のオフィサーの奥様方と、交流をしていました。


日本の文化をありきたり伝えてきました。


盆踊りや、三味線音楽、茶道、花道、礼法、食事、、、我ながらすごいパワフルだったなと思います。


文化交流から始まり、外国人の方々と働く機会も得て、外国の方が日本で住むということは、結構大変であることも知りました。


今でこそ、差別のないことを祈りますが、当時は、白人は良いが、アジア系やインド人は、アパートを借りるのに一苦労でした。


そういえば、最近50代の白人女性も、困難だったと言っていました。


ビザの申告や、延長手続きで入国管理局に行く外国人は、緊張感でいっぱいです。


私の夫も、永住ビザが取れるまでは、毎回緊張していました。


入管の窓口の人は、概して感じが悪く横柄です。


皆さん、日本という国は、国際的とは名ばかりで、やはり島国なのです。


日本という国は、世界の中で珍しい国と考えてもおかしくはないでしょう。


髪の毛や、瞳の色がほぼ同じで、顔つきも極端に違う人はいないし、同じであることに慣れている文化です。


外国に行ってみれば、髪の色も、髪型も、眼の色も、様々です。


文化も入り混じっています。


海外に出てみないと、自分の国がよく見えないかもしれません。


さて、カウンセリングの話に戻りますが、私がカウンセリングルームを開いて一番最初のお客様が、アメリカからでした。


あれ?どうなってるんだろう?


HPの作り方ですが、地域を特定していなかったためだったとわかりました。


2人連続、アメリカに住む日本の方でした。


それからは、数名、外国の方も入ってきました。


最近、とても嬉しかったことがあります。


はるかカナダから、お客様が日本に休暇でいらっしゃる際に、私のカウンセリングルームを訪れてくださいました。


また英語だなと、スィッチを英語モードにして待っていたら、その方は、一生懸命日本語で話してくださいました。


私の日本語と英語のちゃんぽんで、カウンセリングは始まりました。


文化が違いますから、初対面でも、非常にオープンで、リラックスされていて、自分のことをよく分析されていました。


しかし、自分のことは実はわかっているようで、よく分からないものです。


その方は、自分の辛さ、苦しみが、親との文化の違いからきているのではないかと、長い間考え続けた結果、私を訪問されたのです。


カナダにカウンセラーはいらっしゃいましたが、文化の違いであれば日本人のカウンセラーが良いのではと、私を選んでくださったのでしょう。


ご両親が日本人で、その方は生まれも育ちもカナダのカナダ人です。母国語は英語です。


私は、その方がとてもオープンな方でしたので、すぐにこの方の問題が理解できました。


そしてその方は、とても素直で率直な方でした。


詳細は書けませんが、何よりも素晴らしかったのは、今まで誰にも理解されなかったこの方の問題を、1人で抱えながら、それでも屈することなく、様々な方法で自分を律して生きてきたことです。


私は、このエネルギーとパワーに頭が下がる思いでした。


多分ご自身の問題を理解されて、方法についてもお伝えしたので、帰国されたら、ご自身のために、今後は思い切り自由に生きられると信じています。


ただ、ここまでの辛さ、苦しみを生んだトラウマについては、カウンセリングを通して癒す必要がありますので、それは、今までのカウンセラーとやっていただくことにしました。


私が、カウンセリングルームをオープンした目的の一つに、異文化の方々の悩みに対してサポートすることが入っています。


それが少しでもできた時は、本当に感謝と嬉しさを感じます。


この方は、本当にすごい人でした・・・



コメント


最新記事
bottom of page