top of page

まさか、子供に暴力を教えていませんよね!


躾と称して、「勉強しないから」「言う事聞かないから」「いたずらばかりするから」とさまざまな理由で、叩いたり、蹴ったり、ゲンコツ与えたり、言葉で罵ったりしていませんよね。


これは全て暴力です。


親の怒りの感情が伴う行動は、暴力です。


子供がいう事を聞くのは、恐怖、恐れ、怖さからであって、納得していう事を聞くのではありません。


親の怒りの感情が早く収まるのを待つからです。


親の大事な仕事は何でしょうか?


子供を外界の暴力や危険から守る事です。


躾と称して、一番最初に暴力を教えてはいけません。


家庭とは、安全で安心の巣なのです。



外で辛いことや、苦しいことがあっても、家に帰ると守ってくれる、味方してくれる、暖かく包んでくれる親がいる、とても安心な場所なのです。


ここに暴力があったら、子供は救われません。


本来、子供は親に愛される存在です。


子供は、愛されると信じて疑いません。


ですから、どんな理由であっても、暴力を振るわれると、たとえ、それが自分のいたづらであっても、大事に扱われていない、自分なんかどうでもいい存在なのだと感じます。


これが日々続いたら、どうでしょうか?


生きている価値さえ見失います。


そもそも、親が子供に感情的に叱ったり、手を出すのは、親が本来持っている感情の問題なのです。


子供の行動に対して、我慢ならないと感じ、怒りに火がつくと、自ら保持していた怒りの感情までも引き出して、感情のコントロールが効かなくなります。


親は、自分の怒りの感情に向き合っておく必要があります。


最も大切な子供の心を傷つけないためにも、、、


暴力は、子供の心を打ち砕きます。


愛を砕き、希望をなくします。


あなたの子供は、愛される存在のはずです。


親であるあなた自身が、自分の否定的な感情に向き合ってください。


本当の躾とは、何かを考えましょう。


子供はいつでも親を愛しています。



תגובות


最新記事
bottom of page