top of page

パワハラ・セクハラ・モラハラ 全部ダメ!




様々な仕事経験のある私ですが、それらの職場でハラスメント場面に出くわしたことは?と思い出すと、2回ありました。


全く新しい仕事を覚えるのに、ハードルの高い仕事なので数ヶ月訓練がありました。

新入生は10名ほど。皆、ワクワク、やる気満々。

トレーナーは、定年間近の強面、頑固親父というイメージ。

トレーニングが始まると、「メモするな!」「質問するな!」「モタモタするな!」怒鳴りっぱなし、そして皆の前で恥をかかせる、周囲を見渡すと、皆の手がキーボードの上で震えている。

相当怖いはずだ。

私は、こういう人に会うと、「なんだこのクソ親父」と思うタイプで、怒鳴られても、「うるさい」と心の中で叫ぶ。

日に日に、1人2人と人が減っていった。

ついに残ったのは、私を含めて2人だけ。

皆辞めちゃいました。


毎日帰宅すると、頑固親父の傍若無人な態度に、怒り爆発していたが、こんな人間のもとで働きたくない、真平ごめんだと、やめようかとは思ったが、逆噴射で、こんな奴のために辞めるのは悔しかったので、続けてみた。


実際に仕事デビューすると、この頑固親父が、「上手くやれているか?」と猫撫で声で近づいてきたので、完全無視した。


もちろん私は、この親父で仕事ができる様になったと全く思っていない。


この人間は、軍隊式の徹底的に怒鳴り、叱り、支配することで教育が成り立つと信じているタイプだ。


そういう人間は、いまだに日本には結構いる。


スポーツのコーチなんかもそうだ。


人は怒鳴られ、叱られると、学びはなく、恐れから身が縮み、スキルが育たないことを知らない。


根性と勘違いしている。


今、カウンセリングの仕事をしていると、こういう人間に会うことがある。


スポーツのコーチ、会社人間、学校の教師、校長などなど、、、


そこで、私は ”戦うカウンセラー“ に豹変する。


こういう人間には負けない。


なぜなら、彼らは「〇〇のため」と言って、自分が支配、コントロールしたい自己満足でやっているのが丸見えだからだ。


しかし、彼らは、それに気づかず、熱血愛がある自分を自己評価しているから、困ったものだ。


私は、クライエント側に立って、戦う。

Comments


最新記事
bottom of page