直感の大切さ〜

今日は、ある人の実体験について紹介します。


Aさんは25歳、結婚まじかです。


Aさんは、結婚願望は特にありませんでした。


もし結婚するならば30歳以上かなと考えていました。


しかし、ある人と出会いとても好いてくれた事とその純粋な気持ちに心が傾いていきました。


その男性と会う前に、夢中になった男性がいました。その人の為なら何でもしてあげたい、毎日が楽しくてワクワクするような恋愛でした。


しかし、その男性は本気なのか遊びなのか分からないまま、どんなに心を伝えても通じないことがわかり、苦しくて諦めることを決断しました。もちろん簡単には忘れられませんでしたが。


その後に彼女を好きになってくれる男性に出会ったのですが、勿論恋愛の様な強い想いはありませんでした。こんなものなのかな、ここまで自分を好きになってくれる人はいないかもしれないなど、考えました。


そして結婚式が近くなってきました。


本当に、これでいいのかな?


周囲の先輩方に、相談しました。誰もが同じ答えでした。「結婚なんて誰としてもほぼほぼ同じだよ。」「結婚とはそういうもの」と〜


100%答えが同じでした。


でも、彼女の心は、本当かな?と何かが渦巻いていました。


遂に、結婚式の日になりました。


多くの方々が祝ってくださいました。幸せだと感じていました。でも、一瞬、式場のひな壇に座っている自分の心の中で「結婚ってこういうものなのかな?と、またあの声が聴こえてきました。サッとそれを流して、式は終わりました。これから、一緒に楽しい生活と家族を築いていこうと決心しました。


それから10数年間、彼女は彼と共に日々の生活や、自分自身の生き方を模索する日常に追われていました。


ある日、経済的にも恵まれており、特にうるさい事を言う訳でもなく、旅行も行ったり、不自由のない生活に感謝しながらも、何も欲しい物がなく、何も求めていない自分の心がとても寂しいような枯渇した感覚を覚えました。

きっと秋の終わりの雰囲気がこんな風に思わせるんだと、自分に言い聞かせて欲しくもない高級なカーペットを買いました。


その後彼女がどうなったかは想像にお任せします。


彼女の直感や本能が、何度も彼女に知らせようとしていたことにお気づきでしょうか?

周囲の常識ある大人達や経験者の言葉に耳を傾けて、自分の直感を聞かないようにしていました。彼女は、気がつかなかったのですが、彼女の心は何度も彼女に知らせようとしていました。直感は決して諦めずに知らせてくれます。


自分の直感や本能的な叫びを聴くということは、簡単なようで時にとても難しい事です。

その事に気がつくには、失敗も沢山経験するかもしれません。

彼女の場合も、なんか変だなと何回か自分に問いかけています。しかし経験のないことに関しては自信が持てないことも多々あります。


ましてや社会や周囲の人間が当たり前にしている行動と全く違う行動を取ることも勇気のいる事です。そんな時こそ、自分の心はどうしたいですか?と自分に問いかける事が必要です。そして、他人と合わせた生き方に心が落ち着かないようでしたら、勇気を持って自分の生き方に向かって一歩踏み出す機会とも言えます

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Kazue Counseling Room

​〒362-0026

埼玉県上尾市原市    沼南駅から徒歩7分

  • KazueカウンセリングルームのFacebook
  • KazueカウンセリングルームのInstagram