親を理解する難しさ


オギャアーとこの世に私が誕生した時、親は「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちになり、声をかけてくれる。


毎日の私の変化が嬉しくて、壊れ物を扱うかの様に大事にお世話してくれる。

記憶になくても、写真に私と笑顔の両親が写っている。



そんなお父さん、お母さんの期待に沿おうと、私は一生懸命頑張ってきた。


でも、二人の期待通りにならなくて、がっかりさせたり、怒らせてばかり。


それでも私は頑張った。


どうすれば喜んでくれるかな?


そうだ勉強頑張ろう!


運動頑張ろう!


良い子でいよう!


褒めてもらいたいなー


どんなに頑張っても、思いは叶わない。


私の思いをわかってもらえない。


私なんか、駄目な子だ。


いつの日か、私は自分に自信が持てない子になっていた。


自分が何をしたいのかも分からなくなっていた。


誰かにわかってもらえないと思うと、異常に反応してしまう自分がいた。


認めてもらいたくて、受け入れてもらいたくて、仕事も頑張った。


友人の無理難題も聞いてきた。


それでも私は、満たされない。これ以上頑張れない。


ふと立ち止まった〜


私はどうして親に大事にされなかったのだろう?


そんなに悪い子だったんだろうか?

私はなんで愛されないのだろう?


親なら子供が大事な存在のはずだ、だって生まれてきた時、あんなに嬉しそうだったもの。

最新記事