top of page

教育虐待



ニュースで報道される子供の親殺し。


なんと残酷な話であろう・・・


ここに来るまで、どんな事が起きていたのだろうと考えさせられる。


「教育虐待」という言葉が昨今使われるが、今に始まった事ではない。


現代では、ここまで行かなくても、親が気付かぬうちに、子供は教育虐待の環境に置かれている。


中学受験のために、小学生から塾に通い、勉強の目的が受験なのだ。


なんでこんな世の中になってしまったのだろうかと、一度立ち止まって考えてみてほしい。


この道しか生きる道はないかのように考えている子供は多い。


親、学校の教育、社会全てが、この考えに侵されてきたとも言える。


親が勉強を強いることのない家庭でも、親がエリート思考だったり、勉強好きできている場合、子供は肌身に親の期待を感じとり、プレッシャーを感じていることもある。


うまく行かないと、自分の出来が悪いと責め続ける。


これも苦しい・・・


いろいろな生き方があり、あなたは何に向いているのかなと一緒に考えたり、提案するのが先をいく大人の役割だと思うが、その大人も一つの生き方しか知らず、それが良いと信じていると、知らぬまに子供にその生き方を押し付けていることがある。


親は完全ではない存在。


親は子育てしながら、子供からいろいろなことを教えてもらっている。


もう一度、親の役割ってどういうことなのか、考えてみたい。






Comments


最新記事
bottom of page