トラウマや悩み

トラウマ

トラウマ(trauma)とは、英語で Psychological trauma、日本語では、「心的外傷」と言います。外的・内的要因による肉体的、精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態です。トラウマに関する研究は、ベトナム戦争の帰還兵が、戦場で負ったショックから様々な症状を見せることから、再び研究が進みました。後に、戦争や災害、交通事故などのような特殊な環境に起こるものではなく、普通の家族内においても、子供たちが長期にわたり、親をはじめとした大人たちから受ける様々な形の児童虐待や性暴力がトラウマとなることが分かってきました。戦争や災害など1度に大きな衝撃を経験するトラウマと違って、長期に渡ってジワジワと刻み込まれたトラウマを、ジュディス・ハーマンは、「複雑性トラウマ」(complex trauma)と呼んで区別するようになりました。心的外傷によって様々な症状を呈するようになります。この事を、

PTSD ( Post Traumatic Stress Disorder )、「心的外傷後ストレス障害」と呼びます。ちなみに、トラウマを負って、1ヶ月以上症状が持続する場合はPTSD、1ヶ月以内の場合はASD (Acute Stress Disorder)、日本語で「急性ストレス障害」と診断されます。(DSM5による診断基準)

●辛い体験を思い出してしまう

トラウマとなった出来事に関する不快で苦痛な記憶が突然蘇る。悪夢として反復する。思い出した時に、気持ちが動揺してパニック状態になり呼吸が早く浅くなる、身体生理的反応(動悸や発汗)を伴います。

●眠れない、過剰な警戒心​​

睡眠障害、イライラ感、集中困難、過剰な警戒心、ちょっとした物音などでビクッとするような過剰反応が出る。

●感情が感じられなくなった​​

出来事に対して、考えたり話したりする事を避け、思い出させる状況などを回避する。興味や関心が乏しくなり、周囲との疎外感や孤立感を感じる。自然な感情が麻痺したように感じられる。

​うつ

うつ病は、誰にとっても身近な病気であると言えます。誰でも嫌なことや悲しいことがあると、気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがありますが、割と短期間で気分が回復します。これは抑うつ状態と言えます。辛い沈んだ気分や、興味や喜びの喪失が、ほとんど1日中毎日、2週間以上続き、日常生活や仕事にまで影響が出てきてしまう、これが「うつ病」です。気力で解決できるものではないので、医師の診察を受け、休息をすることが大切です。

症状には、心だけではなく、様々な身体の症状もあらわれます。

●何もする気がおきない                ●睡眠障害

●朝起きられない                         ●食欲減退

●悪い方向に考えちゃう                ●疲労感、倦怠感

●集中できない、思考が止まる       ●動悸、息苦しさ

うつや抑うつの原因やきっかけとして考えられる要因は様々です。

・環境要因 (周囲の環境、突発的な事件や事故、死別離別、病気などのストレス)
・対人関係要因 (人間関係、社交スキルなど)
・パーソナリティーの傾向 (否定的な考え方、生真面目すぎる、自分を責める、ストレスに弱い)
・自己評価の低さ (現実以上に自分を低く評価する、子供の時の虐待体験や生育歴が影響して
   いることもある)
・不健康な生活習慣 (過剰労働、栄養の偏り)
・考え方のくせ
・アルコールの濫用、その他様々な依存症

依存症

何かの習慣的な行動が、自分の生活や人生にダメージを与えているのに、意志の力ではそれがやめられない状態のこと。ストレスや精神的苦痛を感じたくない為に、酔いや高揚感に導かれることから習慣化して、依存が進行し、コントロール不能となります。意志の力ではやめられないのが特徴で、治療、カウンセリング、自助グループなどによる仲間との支え合いによって社会復帰が可能です。

●アルコール/薬物

飲酒によって肝臓を壊し、家族に飲み過ぎを責められ、仕事にも支障が出ているのに飲み続けている。違法薬物を使用して逮捕されたが、もう決してやらないと宣言したのに、再び使ってしまう。アルコールによって、感情のコントロールが不能となり、暴れたり、暴力的な行動、暴言が生じ、家庭内で配偶者や子供にも精神的な影響を与えます。

AC : Adult Children アダルトチルドレン アルコール依存症を親に持つ子供の事を言います。

後に、子供には精神的、身体的な症状が表れやすいです。

●ギャンブル/買い物

パチンコやスロットマシンで多額の借金、家族に頭を下げて、二度とこんなことを繰り返さないと誓って、肩代わりして貰ったが、数年後再び借金が発覚する。何度も借金を重ね、自己破産に追い込まれるケースも少なくありません。

買い物は、自分にとって不必要、あるいはすでに同様の物を所持しているにもかかわらず多数の物品を購入してしまい、使う事なく溜め込んで行きます。物質的に満たされると一時的に快楽を得る為の行為です。

●恋愛/性

寂しさや精神的苦痛、ストレスから逃れるために、強迫的に恋愛関係や性を求める。

●インターネット

オンラインゲームに夢中になり、成績が低下、昼夜逆転、睡眠不足、体調悪化など日常生活が完全に乱れる。親がゲーム機を取り上げたり、インターネットを止めるなど介入すると暴力行動に出る事があります。

DV・虐待

DVとはDomestic Violence 、日本語でそのままドメスティック・バイオレンスです。
『DV防止法』配偶者からの暴力の防止、及び被害者の保護に関する法律。被害者は裁判所に保護命令を申し立てることができ、それに違反した加害者である配偶者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる。
・身体的暴力: 叩く、蹴るなど身体または生命に危害を及ぼす不法な攻撃
・精神的暴力: 殺すなど、生命に対する強迫など
・性的暴力: 性行為、中絶の強要などの行為

『児童虐待防止法』児童虐待とは、保護者がその監護する児童に対して行う以下の行為をいう。
1、児童の身体に外傷が生じ、又は生じる恐れのある暴行を加えること
2、児童にわいせつな行為をすること、又は児童をしてわいせつな行為をさせること
3、児童の心身の発達を妨げるような著しい減食、長時間の放置、保護者としての監護を怠ること

4、児童に対する著しい暴言、拒絶的な対応、著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

●暴力を振るわれる

躾と称して、頭を叩いたり、蹴ったり、罵声を浴びさせて怒鳴るなどの行為が家庭で行われている。理由もなく突然怒りだし、暴力を振るう。
夫、あるいは妻から暴力を受けているが、子供がいて、逃げてもその後の経済が成り立たないから我慢するしかない。頻繁に「お前が馬鹿だ、駄目だ」と言われ続けているので、きっと自分が悪いと信じ込み、支配の罠から逃げられない。

●性的な虐待を受けた

家庭内で、保護者が児童に性的な行為を強いる。夫婦間で、望まない性的な行為を強要される。
父親が娘の風呂場での着替えを覗き込む、必要のないところで裸にするなども性虐待です。

●職場でのハラスメント

為者の意図にかかわらず、相手方に不利益や損害を与え、個人の尊厳又は人格を侵害する行為。職務上優位な立場にある者が、立場や権限を利用して従属する立場の者に対する行為。
セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントなどがあります。

【職場のハラスメント】
・人前で過剰に叱責する
・机を叩きながら怒鳴る
・個人的な学歴、性別、尊厳を否定する
・仕事を取り上げる又は与えない
・責任を押し付ける

発達障害

自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群、注意欠陥・多動症( AD/HD )、限局性学習症( 学習障害)、などを含む幅広い概念です。その症状は、通常低年齢からあらわれるものです。
成長に連れ、自分自身の持つ不得手な部分に気づき、行きにくさを感じるかもしれません。
ですが、発達障害は、その特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人に合ったやり方で、日常の暮らしや、学校や職場での過ごし方を工夫することが出来れば、その人が持っている本来の力を発揮できるようになります。

●落ち着きがない/忘れ物が多い

多動、多弁でじっとしていられない → 教室では席に座って居られない、先生の注意が入りにくい
衝動的に行動する → 考えるより先に動く
不注意 → 集中できない
忘れ物 → 学校のお知らせや提出物を忘れる、仕事のミスが多くなる、仕事が長続きしない

●集団生活に馴染めない

《コミュニケーション》

・相手の考えを読んだり、その場の雰囲気から状況を察する事が出来ない
《対人関係、社会性 》

・考えをそのまま口に出すので、相手から誤解を受けることがある

・マイペースな行動、友人とのトラブルが多い

・普通に話しているつもりでも、相手を不愉快にさせたり、怒らせてしまう
《興味、関心の偏り》

・興味がある事には集中できるが、興味がないことには全く関心を持てない

●生きづらさを感じる

《こだわり》
・急な予定変更は受け入れられない、日常生活に支障があるような強いこだわりがある(パターン化した行動)
《感覚過敏》
・光や音に敏感、感触にこだわりがあり、決まった服しか着られない
《感覚鈍麻》
・感覚の反応が鈍く、刺激や痛みに鈍感

●学習面での困難

読み書きや算数などが苦手、出来るものと出来ないものの差が極端、授業についていけない、宿題に時間がかかる

●不器用、運動面の遅れ

筆圧が弱い、指先がうまく動かせない、運動の調節や加減が苦手で極端に不器用

​他にもこんな悩みはありませんか?

●恋人、家族、夫婦の事で悩んでいる

夫婦間で相手から言葉あるいは身体的な暴力を受けているが、人には話せないし、時には優しくしてくれるので自分が悪いから仕方がないと思っている。家族内で色々な問題に追われて疲れている。

●コントロール不能な怒り

ほんの些細なきっかけから怒りが炎上してしまい、周囲の人との関係性を悪くしてしまう。どうして平常心でコミュニケーションを取れないのか、自分でもどうして良いかわからない。

●海外転勤・留学先で不安になる

異文化での生活は、私たちにカルチャーショックを与えます。相談できる人や場所があれば少しずつ段階的に異文化を受け入れて適応できますが、孤立してしまうと不安定な状態に陥りやすいものです。海外に住む日本の方でスカイプにてカウンセリングを提供いたします。

●日本に住む外国国籍の方

異文化での生活は慣れるまで様々な影響を心身に与えます。近隣の国際交流組織や同じ文化の方々との人間関係を持つと上手に適応できますが、結婚相手が日本人で、その人だけが頼りとなると夫婦関係にも困難が生じやすいです。

Kazue Counseling Room

​〒362-0026

埼玉県上尾市原市    沼南駅から徒歩7分

※自宅カウンセリングのため、詳細住所はお問い合わせ頂いた方にお知らせ致します

  • KazueカウンセリングルームのFacebook
  • KazueカウンセリングルームのInstagram