November 9, 2018

親は子供のことを一生懸命考えて、

感情的にならないように、言ってはいけないことは

言わないように頑張って、それでも毎日顔を突き合わせ

ていると、感情的に言葉を発してしまう。

ごめんね!言い過ぎたよ!と思っても、なかなか大人は

素直に心を開けない。

子供は、そのままの言葉を受け取り、心を閉ざしてしまう。

親と子はすれ違うもの。

子供が苦しんでいるのを見て、どうにもできない親の姿は、子供より子供の様だ。

大人として、人として、親として、たくさんの荷物をしょっている大人は、

簡単に荷物を下ろせない。でもね、子供は、ただ親の愛を欲しいだけ。

大人として、人として...

November 3, 2018

「裏表がある人が苦手なんだ・・・」

と、思春期の学生がつぶやく。

その気持ちを大事にしてほしい。

そう言えば、信じていた大人たちが、

裏で全く想像できないことを言っている

のを聴いてしまい、そのショックから、約1年間大人たちと話すことが出来なかった少女が

いた。その少女は、誠実に大人に話せなくなった自分に嫌悪感を持ちながらも、どうしても心

を開くことが出来ずに居て苦しみ続けた。本当は素直な自分がいるのに、素直な自分になれな

い自分を責め続けた。周囲の大人が「どうしたの?最近元気がないね。」と優しい言葉をかけ

るたびに、心にも思っていないくせにと、だっ...

November 3, 2018

 家で、ゴロゴロ、グター

こんな姿を見て、親は子供に、

「だらしないなあ」

「子供なんだからシャキッとしなさい」

「やることあるでしょう」 よく聞こえてくるセリフです。

親には、子供の学校の姿が見えていません。子供は。忙しいスケジュールの中、友達に気を

使いながら、色々な事を考えながら、一生懸命やっているものです。

家にいる時くらい、グター、ゴロゴロ、ボーッとしないとね。

家は心と身体を休める、安全な場所。その場所を居心地良くするのは親の役割ですね。

学校、習い事、塾などで、スケジュールいっぱいで、超多忙な子供たち。

お友達と思い切り遊んで、笑って、時...

October 31, 2018

“自分らしく生きる” ってどういう事なんだろう?

そもそも、自分って?

自分について真剣に考え出すのは、思春期頃から〜

自己を意識し始めると、他人が気になる。

友人の目、考えが、とても気になり出す。

今まで、気にもしていなかったのに、こう言ったらどう思われるか?

皆から好かれる存在でありたい。

この時期は、精神的に苦しい〜  

なんとか切り抜けても、忘れた頃に、再び、自分と向き合う日がやってくる。

それは、時には、病気、仕事、人間関係、離婚、経済的困難など、様々な事象と共に。

何度もやってくる。

それは、自分と向き合う大切な機会。

心静かに、大切な自分と優...

August 26, 2018

8/23、小中学校の先生方の合同研修会で講義の時間をいただきました。

この暑ーい夏休みに、お集まりいただくのですから、少しでも役に立てて頂きたいと思い、

「臨床経験から見た発達、不登校、いじめ」についてお話しさせて頂きました。

1時間は、あっという間で、まだまだたくさん伝えたいことがありますが、今回は、

先生方が、学校内でカウンセラー役をされているので、少しでも、お役に立てる情報を

お伝えしました。

 一番、伝えたかったのは、“ 大人の真剣勝負” です!

伝わったかな?

それと、先生方が、心にゆとりを持つことが、子供にとても良い影響を与えることに

つ...

Please reload

アーカイブ
Please reload

Kazue Counseling Room

​〒362-0026

埼玉県上尾市原市    沼南駅から徒歩7分

  • KazueカウンセリングルームのFacebook
  • KazueカウンセリングルームのInstagram